Craffty -クラフティ-

ステンシルについて~part1~

ペイント&ステンシル教室Craffty(クラフティ)です

今日はステンシルについて書いてみたいと思います

皆さんがイメージする「ステンシル」って

デザインをカットしたシートを使って木製品や紙などの素材に

専用の筆を使ってトントンとたたいて描いたり

文字や数字をカットしたシートのデザインが思い浮かぶのでは・・・

私が初めて峰先生のステンシル作品を目にしたのは2016年位だったでしょうか

トールペイント専門誌の「ペイントクラフト」の裏表紙に載っていたブラウスにチューリップとミモザのデザインで「これがステンシル??」と思ったのが印象的でした

それから暫くして教室の生徒さんがステンシルの本を手に『これを描いてみたいんです♪」

から始まり材料も手持ちの物から試作を描いてみるもののイメージとはかけ離れた作品ができ(それはそれで満足して下さいましたが)う~~ん・・と思っている所に届いた手芸普及協会の冊子の中に

峰先生の体験教室募集の記事を見つけ福岡まで出かけたのが始まりでした

そこからステンシルの描き方(技法)は色々ある事を学びました

長くなりましたが、Crafftyステンシル教室では布用絵具を使って

自然素材(麻・綿)に描くお教室です

体験レッスンも(コロナ期間中は1~2名)募集中です♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA